| HOME | 教育理念 | 学園長紹介 | アクセス | お問合せ | 教育シリーズ | しつけシリーズ | お母さんの声| コイノニア福音グループ          







>> 学園案内 | 保育 | 年間行事 | 園児募集要項 |
  ナーサリークラス | お母さんの声 |


保育年齢

満3歳より就学までの幼児。
随時、途中入園も受け付けています。(*園までお問い合わせ下さい
園児募集についてはこちらを参考にして下さい。

保育項目

キリスト教教育/健康/社会/自然/言語/音楽/絵画制作

保育内容

(1)自由保育
毎日9時〜10時まで戸外にて自由保育を行います。クラスの枠を外し教師らと広い園庭で自由にのびのびと動き回ります。
子どもは遊びによって発達し成長します。これは生活訓練の大切な場となります。十分満足するまで汗まみれになって真剣に遊ぶ仲に一人一人の人格形成や生活訓練、運動機能と社会性の発達をうながす大事なひとときです。
ブランコでのルール、砂場での遊具の取り扱い、ボール遊びでの協力と忍耐力、滑り台での運動感覚など普段家庭生活では育ちにくい面を子ども同士の集団の中で、いろいろの場面を通じて個々の園児の生活訓練が行われていきます。十分に活動し切った充実感は、次の課題によい自信を持たらし成長のエネルギーになるのです。

(2)一斉保育
毎日10時30分よりクラス別に行います。カリキュラムは指導要領の6領域にあまりとらわれずに幼稚園教育目標をふまえ、子
どもの視点を考えて綿密に立案され、子どもが自主的に表現活動や制作活動に参加できるような指導上の工夫や配慮がなされています。生活や行事などの流れで、カリキュラム構成が40分〜60分になることもあります。

心を大切にした保育の行事

年間を通して行事を保育活動に取り入れることは、有意義な場面を園児らに提供し、生活スタイルを改善し、保育活動展開のよい足掛かりとなります。子ども達 は行事に参加することにより、生活のけじめを自覚し、協調性を学び、他人への思いやりや感謝の心も育ちます。

心を大切にした「祈りのある保育」

聖書に土台した全人格形成は幼児の将来に希望をもたらします。
日ごろから心がけているのは一人一人の園児の個性を重んじつつ・・・
  • ひとりひとり神に愛され、かけがえのない存在である
  • 思いやりのある子どもたち(祈りのある保育の結果)
  • 種々の事象に自分から興味や関心を持ち、意欲的に解決に取り組める子どもの成長(自立)
  • 自立的な強い心と生活習慣が自然に身についていく子どもの育成

一日の保育のながれ

■8:30 園児登園 家族の方が幼稚園の門まで送ります
園バスは〜10時頃までに登園します
■9:00 自由保育 園庭で教師たちと一緒に遊びます
■10:30 朝のつどい
チャペル・アワー
園舎で集会を行います。賛美歌、お話、お祈り等
一斉活動 各クラスに分かれ活動をします
■11:50 昼食 毎日、お弁当を食べます
それぞれの母親の味をおぼえます
*(火・金は給食利用可)
自由保育 食後、自由に遊びます
■14:00 降園 各クラスで集会(絵本のよみきかせなど)をもった後挨拶をし降園となります

*給食・・・利用される方は教師までお知らせ下さい。
*1学期に数回水曜日の午後「シャロームの会(母の会)」がある日のみ午前保育となります。その都度お知らせいたします。参加される方はお子さんにお弁当を持たせて、会が終わるまで保育を行います。

保育クラス(延長保育)

午後2時〜午後5時まで。(5時以降はご相談下さい)
午後3時〜おやつタイムがあります。
希望者の方はお申し込み下さい。
保育クラスは別に時間によって保育料を納入します。
ご要望によって時間の調整もできます。


宗教法人シャロームインターナショナルクリスチャンスクール・シャローム幼児学園(シャロームインターナショナルクリスチャンプレスクール)
Copyright(C)2003 Shalom International Christian School.All Rights Reserved.
テンプレート by ネットマニア